SARD RACING TEAM - 2012
HOME 製品情報 レース情報 マリン情報 リンク 会社情報

2011 SUPER GT Schedule Rd.1 OKAYAMA GT 300km Rd.2 FUJI GT 500km RACE Rd.3 SUPER GT International Series MALAYSIA Rd.4 SUGO GT 300km RACE Rd.5 Pokka 1000km
Rd.6 FUJI GT 300km RACE Rd.7 SUPER GT IN KYUSHU GT 300km Rd.8 MOTEGI GT 250km RACE Special Rd. FUJI SPRINT CUP
HOME >> レース情報 >> 2012 SUPER GT 第8戦
PARTNER LINK
トヨタ自動車株式会社
レクサス
トヨタテクノクラフト株式会社
日本ミシュランタイヤ株式会社
株式会社デンソー
株式会社神戸製鋼所
BP plc
株式会社豊田自動織機
アイシン・エイ・ダブリュ株式会社
株式会社タクティ−
株式会社ジェイテクト
豊田合成株式会社
トヨタ紡織株式会社
豊和繊維工業株式会社
IA PROJECT
株式会社アルテクナ
学校法人ひかり学園
LANDS'END
SALOMON
SUUNTO
日本ヒューレット・パッカード(株)
CD-adapco
有限会社エムエムピー
株式会社イー・スマイル
株式会社レイズ
タカタ株式会社
株式会社橋本コーポレーション
GruppeM Inc.
ADMIC
SARD サポーターズクラブ
脇阪寿一:JS Style.com
石浦宏明:ISHIURA.net
GTアソシエイション
TV東京「GT +」
BSジャパン
J SPORTS
 LEXUS Racing
 SAVE JAPAN
 日本骨髄バンク

RACE REPORT

2012 SUPER GT 第8戦「MOTEGI GT 250km RACE」(10/27-28)
ツインリンクもてぎ(1周4.801km)

入場者数:予選12,500名、決勝27,100名 合計39,600名

 10月28日(日)、SUPER GT第8戦(シリーズ最終戦)「MOTEGI GT 250km RACE」の決勝が行われ、前線の影響で雨模様の中、9番グリッドからスタートした石浦が駆るDENSO KOBELCO SC430は、序盤に遅いペースのクルマに引っかかったものの前が開けた5位での20周目頃からトップペースで猛然と追い上げ4位にポジションアップ。その後も破竹の勢いで攻め続け、前とのギャップを削って第1スティント・ドライブリミットの35周を終えピットイン。タイヤ無交換作戦による16秒台という驚異の速さでピット作業を終え戦列に復帰した。交代した脇阪も3位のポジションでハイペースでトップを追いかけた。その後、後方から猛追してきた32号車と好バトルを数周に渡って繰り広げたが44周目にかわされて4位に。後半若干ペースが上がらずも最後まで懸命なドライビングで凌いだ脇阪は、今季シリーズ最終戦で4位フィニッシュを果たした。

 ドライバーポイントで8点を獲得(合計57点)、チームポイントで11点を獲得(計78点)し、年間ドライバーおよびチームランキングともに3位を獲得。シリーズ表彰式にて3位に登壇して締めくくりとなった。今季は第2戦で優勝し、4位3回獲得。惜しい取りこぼしはあったが優勝争いをできるパフォーマンスを見せ、来季タイトル獲得へ向けて期待がかかる内容になった。次の特別戦となるJAFグランプリは、変則的な競技形式でフォーミュラニッポンと同時開催。11月16日(金)公式予選、17日(土)第1レース決勝、18日(日)第2レース決勝の日程で富士スピードウェイで開催される。



 第7戦では5位フィニッシュでランキング3位を維持したものの、1号車が優勝したため、タイトル獲得を惜しくも逃す結果となったDENSO KOBELCO SC430。今季シリーズ戦を締めくくる最終戦となる第8戦は、栃木県の山間部・茂木町にあるツインリンクもてぎが舞台。この最終戦はハンディウェイトがリセットされノーウェイト。予選は両ドライバーがアタックするノックアウト方式で、決勝は250kmと短く、ピットストップは1回が基本。もてぎはストップ&ゴー区間とテクニカルな区間が組み合わされ、ブレーキにもタイヤにも厳しい難コース。昨年はフロントロウ2番グリッドからスタートし、3位フィニッシュ。9月中旬に行われたGTA公式テスト初日にコースレコードに匹敵する2番手タイムをマークして速さを得ている相性の良いコースでもある。前戦でタイトルが決まってしまった事から各陣営とも真っ向勝負で激しい戦いが予想される中、勝って良い形で来季につなげるべくチーム一同、虚心坦懐に勝利を目指していった。

 27日(土)午前の公式練習走行は秋晴れの爽やかな快晴。気温18度/路面温度25度のコンディションの中で、9時30分から1時間40分の混走セッションが始まった。コース上の埃がなくなった頃を見計らって、石浦のドライブでコースインしたDENSO KOBELCO SC430は、5周目にまずは1分43秒414のその時点で4番手タイムをマーク。最終戦にかける気合い十分の石浦は、エンジニアとやり取りをしながら積極的にクルマを作り上げていった。13周目でニュータイヤを履いてのアタックで1分42秒907の8番手タイム。続いて18周目から脇阪が走行。石浦の履いたユーズドタイヤでQ2のシミュレーションおよび燃料を積んでのロングランを精力的に行った。11時20分から10分間のGT500クラス単独走行のセッションでは開始早々にその前のセッションでコースアウトしたGT300車両処理のため赤旗中断と水を差されたが、気持ちを入れ直した脇阪は自己にマッチするクルマの良い状態のバランスを懸命に探りながら、ユーズドタイヤでのQ2アタックシミュレーションを行った。公式練習走行では43周を走行し、石浦の自己ベスト1分42秒907の9番手で終えた。


■ノックアウト・Q1:丁寧な走りに徹した石浦が3位でQ1突破
 27日(土)14時15分から15分間の公式予選Q1開始時点は、気温21度/路面温度31度の晴天でドライ路面。石浦は残り8分ほどでコースインし、1周目および2周目とタイヤに熱を入れてベストな状態に持っていった。アタックラップに入って、若干フロントが足りない感じを受けたという石浦は、ドライビングをうまくアジャストしながらセクター1を上位タイムで駆け抜けた。規則で同じタイヤでQ2も脇阪がアタックすることから、タイヤの余力を残しながら無駄なく丁寧なドライブを沈着冷静に実行した石浦。クルマのバランスの成否が大きく出るセクター2・3でも速いタイムを刻んで、タイヤを痛めずタイムを縮めていくクレバーな走り。公式練習走行の状態からクルマの煮詰めが進んだ結果、フィニッシュラインを駆け抜けた石浦のタイムは1分41秒984のコースレコードとなる3番手タイムで、見事にQ2進出を果たした。

■ノックアウト・Q2:脇阪が果敢に攻めるもQ2突破ならず
 上位7台枠を争う10分間のQ2は、気温20度/路面温度28度と若干温度が下がった曇りがちな晴れ。規則で石浦がQ1で使用したユーズドタイヤでアタックとなる脇阪。クルマやコースの状態など様々なインフォメーションを石浦から聞いて自分の走りを組み立て、DENSO KOBELCO SC430に乗り込んだ。14時50分からQ2が開始され、数分経過した後にコースインした脇阪。最初の計測ラップを1分44秒台でコントロールしながらクルマの状態とドライビングを合わせ込む。練習走行から大きく改善されたクルマであったが、今ひとつしっくりこない様子ながらも果敢に攻めた脇阪は、計測2周目にまずは1分42秒775のタイムをマークした。そして、できる限りのアタックを続けて敢行した脇阪であったが、計測3周目の第2コーナーで痛恨のスピンを喫してしまい、万事休す。結果、9番手タイムにとどまりQ3進出を果たすことは叶わなかった。


■フリー走行
 28日(日)決勝日朝のフリー走行開始時は、気温14度/路面温度18度の一時雨がぱらつく曇天でドライコンディション。サーキットサファリの後に9時15分から始まった45分間のフリー走行では、まずは石浦がセットを確認して調整。前後のバランスを見ながら15周を走行し脇阪と交代。タイヤの確認も行って周回を重ねた。公式練習走行は21周を走行し脇阪のマークした1分44秒813の12番手タイムとなった。10時10分から2回目のサーキットサファリの頃には雨が降り出し、ウェットタイヤの皮むきを行って決勝への準備を整えた。その後の決勝前8分間のウォームアップ走行時の路面は完全ウェットとなった中で5周を走行して確認を終えた。

■決勝スタート
第1スティント:石浦が一進一退の攻防、中盤から猛烈な追い上げ
 28日(日)14時決勝スタート時点は気温14度/路面温度18度と冷え込んだウェットコンディション。前戦に続き今回もセーフティカー(SC)スタートとなり、2周を終了しSCが退去。3周目から実質のレーススタートとなった。9番手スタートの石浦が駆るDENSO KOBELCO SC430は、滑りやすい路面で混沌としたレースの出だしを乗り切って周回を重ねた。
 9周目には8位に順位を上げた石浦は、10周目に32号車にかわされるも11周目に17号車をパス。13周目には12号車を攻略し7位に。14周目に36号車にかわされたが16周目に抜き返すという一進一退の攻防を繰り広げた。速く走れるのに遅いクルマに引っかかりペースが上げられないもどかしさの中で序盤を戦ったが、19周目に第3コーナーで100号車を華麗にパスすると、20周目23号車のピットインもあって前が開け、ようやく自己のペースで走り出した石浦はトップペースで猛然と快進撃を開始した。1分52秒台のペースを維持して前とのギャップを大きく削り取っていき、31周目には4位にポジションアップ。その後も破竹の勢いで攻め続け、第1スティント・ドライブリミットの35周を終えピットインとなった。

第2スティント:脇阪が懸命なドライビングで凌ぐ
 タイヤ無交換作戦による16秒台という驚異の速さでピット作業を終えて戦列に復帰。トップ38号車と1号車が同じくタイヤ無交換、19号車が4輪交換、32号車はリアのみ交換と上位陣の戦略が分かれたが、脇阪も含めたこの5台による後半勝負の様相となった。19号車をピット作業でかわし、3位で戦線復帰した脇阪はハイペースでトップを追いかけた。20秒あったトップ差を15秒にまで一旦縮めたが、後方から猛追してきた32号車と40周目頃から接近戦となり防戦でタイムロス。好バトルを数周に渡って繰り広げるも44周目第3コーナーのブレーキングでコース外に膨らんでしまったところをかわされてしまい4位に。スティント後半に若干ペースが上がらずも最後まで懸命なドライビングを続け凌いだ脇阪は、そのまま4位フィニッシュを果たした。

 今季シリーズ最終戦となる第8戦は、ドライバーポイントで8点を獲得(合計57点)、チームポイントで11点を獲得(計78点)と年間ドライバーおよびチームランキングともに3位を獲得。レース後のシリーズ表彰式にて3位に登壇して締めくくりとなった。今季は第2戦富士で優勝し、第3戦セパン、第4戦SUGO、第8戦もてぎと3度4位を獲得。惜しい取りこぼしはあったが優勝争いをできるパフォーマンスを随所で見せ、来季タイトル獲得へ向けて期待がかかる内容になった。



「決勝は固めのタイヤで引っ張って石浦が順位を上げタイヤ無交換作戦。気持ちを入れ込んで張り切って走りました。ちょっとバランスが自分に合っていない状態での雨中の走行で厳しかったですが、何とか最後まで凌いでの4位フィニッシュでランキング3位獲得。今日のレースの目標は達成できませんでしたが、シーズンを通してレースを盛り上げるということはできたのかなと思ってます。応援して頂いた皆様ありがとうございました。これからもワクワクドキドキのレースをお見せしていきたいと思いますので、ご声援のほどよろしくお願いいたします!」


「ペースの遅いクルマに詰まってしまい、序盤はトップとの差が開いてしまいましたが、前がいなくなってからは本来の速いペースで走れました。途中ピットからタイヤ無交換できるかタイヤの状況を教えてと告げられ、ハイペースでもまったく変わらず走れている状況を告げて、とにかく丁寧に52秒台を維持しながら集中して走って35周まで引っ張ってのピットインでした。今季は何か波瀾万丈なレースが続いて、気持ち的にもアップダウンが大きかったでしたが、おかげさまでランキング3位で終えることができました。チームは2010年からシリーズ12位、7位、3位へと大きく進歩し、今年はさらに強いチームになったと思います。来年はチャンピオン獲得を目指してさらに前進していきたいと思います。関係者の皆様、ファンの皆様など、いつも応援をしてくださった多くの皆様に心から感謝いたします」


「新たなラインナップで臨んだ今季。鈴鹿での取りこぼしもありましたが、自分たちの目標とした優勝とタイトル争いに加わるという点は達成できたかと考えてます。チームメンバー全員の努力で、ステップバイステップで着実に上に這い上がり、実力もついてきた感じです。まだまだ色々ある課題を今後1つ1つ解決して、来季タイトル獲得を現実のものにするために頑張っていきたいと思います。熱いご声援頂いた皆様、本当にありがとうございました」




Pos. No. Car Driver Time WH
1 38 ZENT CERUMO SC430 立川祐路/平手晃平 1'40.982  0
2 6 ENEOS SUSTINA SC430 伊藤 大輔/大嶋 和也 1'41.045  0
3 23 MOTUL AUTECH GT-R 本山 哲/M.クルム 1'41.735  0
9 39 DENSO KOBELCO SC430 脇阪 寿一/石浦 宏明 *1'41.984  0
*タイムは予選ベスト
天候:晴れ、コース:ドライ

Pos. No. Car Driver Time/Diff Laps
1 38 ZENT CERUMO SC430 立川 祐路/平手 晃平 1:45'17.503  53
2 1 S Road REITO MOLA GT-R 柳田 真孝/R.クインタレッリ +0.138  53
3 32 EPSON HSV-010 道上 龍/中山 友貴 +10.450  53
4 39 DENSO KOBELCO SC430 脇阪 寿一/石浦 宏明 +24.682  53
天候:雨、コース:ウェット、4.801km×53Laps

Drives
Pos. No. Driver Total
1 1 柳田/クインタレッリ 93
2 38 立川/平手 74
3 39 脇阪/石浦 57
4 12 松田/デ・オリベイラ 45


Team
Pos. No. Driver Total
1 1 MOLA 115
2 38 LEXUS TEAM CERUMO 95
3 39 LEXUS TEAM SARD 78
4 12 IMPUL 65
Point standings after Rd.8
Photo Gallery

【LANDS’END】脇阪選手、石浦選手サイン入りフリースマフラーを39名様にプレゼント!(11/29応募〆切)>>
【IA PROJECT】VOCALOID TM3 「IA」がチームスポンサードを第5戦鈴鹿から開始!>>
SUPER GT OFFICIAL WEBSITE >>
TV東京「GT +」 >>
J SPORTS >>



50 Kamisotone Wakabayashi-Higashimachi Toyota-shi, Aichi-ken JAPAN 473-0914
TEL 0565-53-1166 FAX 0565-52-5482