SARD RACING TEAM - 2012
HOME 製品情報 レース情報 マリン情報 リンク 会社情報

2011 SUPER GT Schedule Rd.1 OKAYAMA GT 300km Rd.2 FUJI GT 500km RACE Rd.3 SUPER GT International Series MALAYSIA Rd.4 SUGO GT 300km RACE Rd.5 Pokka 1000km
Rd.6 FUJI GT 300km RACE Rd.7 SUPER GT IN KYUSHU GT 300km Rd.8 MOTEGI GT 250km RACE Special Rd. FUJI SPRINT CUP
HOME >> レース情報 >> NEWS
PARTNER LINK
トヨタ自動車株式会社
レクサス
トヨタテクノクラフト株式会社
日本ミシュランタイヤ株式会社
株式会社デンソー
株式会社神戸製鋼所
BP plc
株式会社豊田自動織機
アイシン・エイ・ダブリュ株式会社
株式会社タクティ−
株式会社ジェイテクト
豊田合成株式会社
トヨタ紡織株式会社
豊和繊維工業株式会社
株式会社アルテクナ
学校法人ひかり学園
LANDS'END
SALOMON
SUUNTO
CD-adapco
有限会社エムエムピー
株式会社イー・スマイル
株式会社レイズ
タカタ株式会社
株式会社橋本コーポレーション
GruppeM Inc.
ADMIC
SARD サポーターズクラブ
脇阪寿一:JS Style.com
石浦宏明:ISHIURA.net
GTアソシエイション
TV東京「GT +」
BSジャパン
J SPORTS
 LEXUS Racing
 SAVE JAPAN
 日本骨髄バンク

NEWS


2012 SUPER GT 岡山GTA公式テスト (3/17-18)
岡山国際サーキット(1周3.703km)

 3月17日(土)〜18日(日)岡山国際サーキットにて開幕直前のGTA公式テストが行われ、ウェットコンディションとなった初日午前のセッション1でトップタイムをマークするなどウェット路面での速さを見せた。開幕前最後となるテストにてウェットおよびドライで貴重なデータを得たDENSO KOBELCO SC430。3月31日(土)〜4月1日(日)に岡山国際サーキットで、いよいよ2012年の開幕を迎える。


<3月17日(土):雨のち曇り>
 今季4回予定されているGTA公式テストの初回、開幕直前で行われるため今季を占う意味で重要なテストとなる。初日9時30分から気温10度/路面温度10度の中でセッション1が始まり、まだカーボン地のままのパーツを装着しているDENSO KOBELCO SC430は、脇阪が最初にコースイン。走り出しから上位タイムを刻み続け、8周目に全体ベストタイムの1分36秒144を叩き出し、セッション開始から意気盛んなところを走りで見せた。その後も路面の水の量の減少と共に、さらにタイムを刻んでいった脇阪。17周目にもトップタイムとなる1分34秒644をマークし速さをアピールした。19周目からは石浦がステアリングを握り、いくつかのタイヤを確認。石浦も33周目には1分33秒597と2番手をコンマ7秒ほど引き離す他を圧倒するパフォーマンス。今季コンビを組むワールドクラスの2人の速さが際立ったセッション1となった。

 午後のセッション2は気温14度/路面温度17度の曇りとなりウェットからドライに変化していく難しいコンディション。脇阪がその中でも速さを見せ、序盤のウェットタイヤで2回に渡ってトップタイムをマーク。路面が乾き始めドライタイヤへスイッチした最初のアウティングでもセクター3全体ベストを2周にわたって刻み、さらに次の2周では連続トップタイムを刻んで見せた。その後、タイヤ評価に適さない路面状況となったため、一旦ウェイティングしてから石浦と交代。石浦も刻々と変わるドライ路面で4番手タイムを刻むなどプログラムを消化した。最後に再び脇阪がステアリングを握り、ドライ路面でセット変更した感触を確かめ初日を終えた。

<3月18日(日):曇り一時雨>
 2日目午前中のセッション3は、朝方の降雨によりウェットコンディションとなり、気温10度/路面温度10度の中で開始された。前日同様に開始早々から石浦がウェットで速さを見せつけた。いくつかのウェットタイヤの確認でコースインした石浦はまず2周目にトップタイムをマーク。続いて別のタイヤでもトップタイムをマークする快調さ。その後、ウェットからドライへと変化する難しいコンディションでも、石浦はドライタイヤでトップタイムを刻んだ。次に路面状況の改善を待って再びドライタイヤでコースインした石浦は、25周目にその時点で3番手タイムとなる1分23秒997を叩き出した。午前中はその後セット変更を施しクルマの確認をして走行を終えた。

 2日目午後のセッション4開始時点は気温13度/路面温度14度のドライコンディション。まずは石浦が最初のタイヤで5番手タイム、続いてトップタイムと上位タイムで走行。数種類のタイヤをチェックし1分23秒339とその時点で5番手タイムをマーク。その後、脇阪がロングランを担当しラップペースを確認。セッション最後にはアタックを試みたが降雨のため中断。そのまま走行を取りやめた。

 開幕前最後となるテストにてウェットおよびドライで貴重なデータを得たDENSO KOBELCO SC430。3月31日(土)〜4月1日(日)に岡山国際サーキットで、いよいよ2012年の開幕を迎える。

観客の皆様と報道陣に2012年仕様のレーシングスーツをお披露目!
※画像をクリックすると写真が拡大します。

Photo Gallery


<17日(土):セッション1>
Pos. No. Car Driver Time WH
1 39 DENSO KOBELCO SC430 脇阪寿一/石浦宏明 1'33.597  0
2 1 S Road REITO MOLA GT-R 柳田真孝/R.クインタレッリ 1'34.363  0
3 32 EPSON HSV-010 道上龍/中山友貴 1'34.509  0
天候:雨のち曇り、コース:ウェット
<17日(土):セッション2>
Pos. No. Car Driver Time WH
1 12 カルソニックIMPUL GT-R 松田次生/J.Pデ・オリベイラ 1'22.903  0
2 18 ウイダーHSV-010 小暮卓史/C.ヴァンダム 1'23.359  0
3 23 MOTUL AUTECH GT-R 本山哲/M.クルム 1'23.396  0
9 39 DENSO KOBELCO SC430 脇阪寿一/石浦宏明 1'24.585  0
天候:曇り、コース:ウェット〜ドライ
<18日(日):セッション3>
Pos. No. Car Driver Time WH
1 12 カルソニックIMPUL GT-R 松田次生/J.Pデ・オリベイラ 1'22.715  0
2 23 MOTUL AUTECH GT-R 本山哲/M.クルム 1'23.209  0
3 18 ウイダーHSV-010 小暮卓史/C.ヴァンダム 1'23.244  0
8 39 DENSO KOBELCO SC430 脇阪寿一/石浦宏明 1'23.997  0
天候:曇り、コース:ウェット〜ドライ
<18日(日):セッション4>
Pos. No. Car Driver Time WH
1 18 ウイダーHSV-010 小暮卓史/C.ヴァンダム 1'22.561  0
2 12 カルソニックIMPUL GT-R 松田次生/J.Pデ・オリベイラ 1'22.720  0
3 38 ZENT CERUMO SC430 立川祐路/平手晃平 1'23.930  0
9 39 DENSO KOBELCO SC430 脇阪寿一/石浦宏明 1'23.573  0
天候:曇り一時雨、コース:ドライ〜ウェット

SUPER GT OFFICIAL WEBSITE >>
TV東京「GT +」 >>
J SPORTS >>



50 Kamisotone Wakabayashi-Higashimachi Toyota-shi, Aichi-ken JAPAN 473-0914
TEL 0565-53-1166 FAX 0565-52-5482