SARD RACING TEAM - 2011
HOME 製品情報 レース情報 マリン情報 リンク 会社情報

2011 SUPER GT Schedule Rd.1 OKAYAMA GT300km Rd.2 FUJI GT 400km RACE Rd.3 SUPER GT International Series MALAYSIA Rd.4 SUGO GT 250km RACE Rd.5 SUZUKA GT SUMMER SPECIAL
Rd.6 FUJI GT 250km RACE Rd.7 SUPER GT IN KYUSHU 250km Rd.8 MOTEGI GT 250km RACE Special Rd. FUJI SPRINT CUP
HOME >> レース情報 >> 2011 SUPER GT 第8戦
PARTNR LINK
トヨタ自動車株式会社
レクサス
トヨタテクノクラフト株式会社
日本ミシュランタイヤ株式会社
BP plc
株式会社デンソー
信越化学工業株式会社
株式会社豊田自動織機
アイシン・エイ・ダブリュ株式会社
株式会社タクティ−
株式会社ジェイテクト
豊田合成株式会社
トヨタ紡織株式会社
アイシン・エーアイ株式会社
豊和繊維工業株式会社
PENALTY
株式会社イー・スマイル
株式会社レイズ
タカタ株式会社
株式会社橋本コーポレーション
GruppeM Inc.
ADMIC
SARD サポーターズクラブ
石浦宏明:ISHIURA.net
井口卓人:Takuty
GTアソシエイション
TV東京「GT +」
BSジャパン
J SPORTS
株式会社大塚家具
 SUPER GT

TOYOTA MOTORSPORTS Channel - SUPER GT

RACE REPORT

2011 SUPER GT 第8戦「MOTEGI GT 250km RACE」(10/15-16)
ツインリンクもてぎ(1周4.801km)

入場者数:予選10,000名、決勝26,000名 合計36,000名

 10月16日(日)、今季シリーズ最終戦となるSUPER GT第8戦「MOTEGI GT 250km RACE」の決勝が行われ、今季5度目のフロントロウとなる2番グリッドからスタートしたDENSO SARD SC430は、石浦が力強い安定した快走を見せ2位で井口にバトンタッチ。ピットインを遅らせアウトラップの速かった23号車にかわされたが、井口も目一杯の力を振り絞る奮闘を見せる走りで3位を懸命にキープ。レース終盤の2位争いの集団の中での手に汗握る一進一退の攻防を凌ぎきり、第4戦SUGOに続く今季2度目の表彰台となる3位を獲得した。

 ドライバーポイントでは11点を獲得しランキング7位(合計40点)、チームポイントでは14点を獲得し7位(計61点)でシリーズ戦を終えた。今季は3回のポールポジションを含む5回のフロントロウ獲得、第4戦SUGOで2位、この第8戦もてぎで3位と2回の表彰台を獲得。来シーズンにつながる好成績となった。次の特別戦は、変則的な競技形式でフォーミュラニッポンとSUPER GTのコラボレーションイベントとなり、11月11日(金)公式予選、12日(土)第1レース決勝、13日(日)第2レース決勝の日程で富士スピードウェイで開催される。



 いよいよシリーズ最終戦となる第8戦は、ツインリンクもてぎが舞台。この最終戦の予選方式は両ドライバーがアタックするノックアウト方式。決勝は250kmでピットストップは1回。直線と大きく回り込むカーブが組み合わさったコースで、抜きにくくストップアンドゴーが続きブレーキに負担がかかりやすいサーキット。またウェイトハンディは開幕戦同様、各車とも0kgとなり、イコールコンディションでのより激しい戦いが予想されている。

 DENSO SARD SC430は、前戦のオートポリスで今季3度目のポールポジションを獲得。優勝争いを展開するもまたも不運に見舞われた。シリーズ中盤戦以降、毎戦のように常にトップ争いに加わる速さを見せており、シリーズタイトル獲得の可能性は前戦で失ったが、勝って有終の美を飾りたいところ。来年につなげるためにも剛毅果断、意志を強固に持って力一杯思い切って表彰台を狙っている。

 15日(土)午前中の公式練習走行は、気温23度/路面温度22度の雨模様。9時45分から1時間45分のセッションが始まり、開始早々にコースインした石浦がまずは1分58秒351のその時点でトップタイムを叩き出し、今回も存在感を最初から表した。新しく舗装された部分との路面ミューの違いに他車が苦労する中、徐々に雨脚が弱まってコンディションが変化していっても幾度も上位タイムを連発し、雨での力強さを石浦が印象づけた。次に今回並々ならぬ闘志を燃やして臨んでいる井口が21周目から走行。路面を濡らす水の量が少なくなってくる中で、交代後9周目に1分52秒956とその時点では驚異的なタイムを叩き出す気迫を見せた。練習走行ではトータル37周を走行し、井口のマークした1分52秒956で2番手となった。


■ノックアウト・Q1:集中力を見せた石浦が2位通過
 15日(土)13時05分からの公式予選Q1は気温21度/路面温度23度の雨。まず混走30分間のセッションが行われ、最初に井口が5周走行し1分55秒561で予選基準タイムをクリア。続いて石浦がベストなウェットタイヤを選択するための確認走行を行い、1分53秒862の2番手タイムをマークした。30分間の混走セッションは12周を走行し、石浦のタイムでそのまま2番手となった。GT500クラス単独となる10分間のセッションでは、300クラスの赤旗中断により開始が3分遅れ、更に開始早々に再び赤旗と、タイミングを狂わされたにもかかわらず、集中力を見せた石浦はまず1分53秒303のその時点でトップタイムをマーク。他車と間隔を空けるクールダウンラップの次には1分52秒423の2位と冷静沈着な仕事ぶりを見せて最初の関門を難なく突破した。

■ノックアウト・Q2:落ち着いた走りで井口が4位通過
 Q1ベスト11台がQ3進出7台を争う10分間のQ2は小雨に。今回の変化する雨の中でも安定して速さを見せているDENSO SARD SC430は、気温22度/路面温度23度の中、気迫あふれる井口が開始からコースイン。最初の計測ラップから1分54秒台で徐々にタイムを削っていく。まったく危なげない安定感のある落ち着いた走りで、5周目に1分54秒293の4番手タイムをマーク。4位通過で次に控える石浦へ見事につないでみせた。

■ノックアウト・Q3:石浦が今季4度目のPPを狙うも惜しくも2位

 Q2ベスト7台によるグリッド争いとなる10分間のQ3。開始前に慎重にタイヤ選択をした石浦は、意気軒昂にコースイン。入念にタイヤに熱を入れながら3周目に1分55秒569でまずは足下を固める2番手タイム。更に自己セクターベストを刻んで、トップの46号車に挑んでいった。もちろん狙うは今季4度目のポールポジション。後半のセクターで巻き返した石浦のタイムは全体ベスト。大きな期待がかかったが、相手も負けじとセクターベストを出し、シーソーゲームのように激しい展開となった。コンマ1秒ほど削っていった石浦であったが、結果は4周目の1分55秒455のタイムで惜しくも2位となった。

「クルマの状態は最初から本当に良く、ミシュランのウェットタイヤもすごく性能を発揮してくれました。Q3はちょっと水が増えてタイヤ選択に悩みましたが、その中で自分たちのパフォーマンスは出せたかなと思っています。明日の決勝は、もちろん勝ちを狙っていきます」


■フリー走行
 16日(日)9時からの決勝前フリー走行開始時は気温22度/路面温度23度の雨となった。まず石浦がコースインし、最初の計測ラップからトップタイムで5周目には更にタイムを削り1分55秒403のトップ。そして12周の確認を終えて井口と交代。井口も念入りにウェットの感触を確かめトータル17周目に1分54秒806とトップタイムをマーク。フリー走行はトータルで18周を走行。DENSO SARD SC430は一度もトップのポジションを譲ることなく、決勝への準備を終えた。

■決勝スタート
 16日(日)決勝前はすっかり晴れ渡り、夏のような日差しが照りつける快晴となった。決勝スタート進行で8分間のウォームアップ走行は13分間に拡大され、ドライコンディションの感触を石浦が4番手タイムをマークしながら8周に渡って確かめた。14時スタート時は気温27度/路面温度34度に。2番グリッドからスタートした石浦が駆るDENSO SARD SC430は、勢いのある12号車に並ばれつつも丁寧に落ち着いて1コーナーに飛び込んでいった。

力強い走りで2位を奪い返し信頼に応えたエース石浦
 オープニングで2位のポジションを奪われてしまったが余裕のある走りをしていた石浦は、6周目には12号車を1コーナーでパスし2位を奪い返す力強さを見せた。トップ46号車との差を挽回し、追い上げていく石浦。エースドライバーとしての風格も自覚も板についてきて、間違いなく今乗りに乗っており、チームからの信頼も厚い石浦は、落ち着いた安定感のある力強い走りで期待に応えていった。途中、タイヤカスがついてベストなハンドリングではなくなっても自分のペースを守ってきっちりと走り続けた。18周目には広がっていたトップ差を5秒台に削ったが、その後徐々に差を広げられる展開に。2位をキープしたまま28周目にピットインし、フレッシュなタイヤに交換し井口にバトンを渡した。

手に汗握る接戦を凌ぎきる渾身の走りで順位を守った井口
 安定感あるピット作業を終え井口を送り出す。1位46号車との差は変わらずであったが、3位23号車はピットインを遅らせプッシュ。ピット作業はほぼ同タイムであったがアウトラップとそれに続く2周のタイムが驚異的に速かった23号車にかわされてしまい3位に。だが井口も負けじと目一杯の力を振り絞る奮闘を見せる走りで8秒近くあるトップ差を徐々に削っていった。45周目あたりになるとトップ差を3秒台としたが、4位以下の数台も追いついてくる接近戦に。激しい攻防が続いていく中で3位を懸命にキープする井口。レース終盤の2位争いは一塊の集団となり、前を追い立てると共に後ろからのプレッシャーに耐える手に汗握る一進一退の攻防に。井口は最終ラップで最後の力を振り絞る渾身の走りで4位以下を突き放し、見事3位を獲得した。

 ドライバーポイントでは11点を獲得しランキング7位(合計40点)、チームポイントでは14点を獲得し7位(計61点)でシリーズ戦を終えた。今季は3回のポールポジションを含む5回のフロントロウ獲得、第4戦SUGOで2位、この第8戦もてぎで3位と2回の表彰台を獲得。来シーズンにつながる好成績となった。次の特別戦は、変則的な競技形式でフォーミュラニッポンとSUPER GTのコラボレーションイベントとなり、11月11日(金)公式予選、12日(土)第1レース決勝、13日(日)第2レース決勝の日程で富士スピードウェイで開催される。


「ウェットでもドライでもクルマの状態が良く、ミシュランタイヤもすごく性能を発揮してくれ、自分たちの持てる力を出し切ることができたレースになりました。レース決勝では不運が続いていたのでリベンジが果たせました。終わりよければすべて良しです。今季チームを移籍し、サードを強くすることができ最終戦で結果を出すことができて、とても嬉しいです。いつも大きな応援をしてくださった多くの皆様に心から感謝いたします。次の特別戦FポンとGT両方走ります。こちらもダブル表彰台狙いたいと思います」



「今回は余計なことは考えずに自由に思いっきり走ろうと思ってました。レース中、常に攻め続けていれば前に追いつけると思って走り、終盤の激しい戦いの中でも絶対に負けないという気持ちでした。無事に表彰台を獲得できてほっとしています。今年はGT500初年度ながらレースでトップ争いが出来て、良いことも悪いことも色々あって、とても貴重な経験をすることができ、自分なりに成長することができました。このような環境でレースができて本当に良かったです。とにかく全てに感謝してます。最後まで応援してくれたファンの皆さん、本当に応援ありがとうございました。次戦の特別戦でも熱い走りを見せたいと思います」




「石浦選手、井口選手、そしてチームメンバー全員が良い仕事をしてくれ、 良い形でシリーズ戦を終えることができ、とても良かったです。悔しいレースが続いたのでこれで払拭することができました。チームを新しく作り直しての初年度としては良かったですし、今季自分たちの目標も、優勝こそありませんでしたが、達成できたかと考えてます。来季はタイトル争いを視野に入れた次のステップに上がって頑張りたいと思います。熱いご声援頂いた皆様、本当にありがとうございました」




Pos. No. Car Driver Time WH
1 46 S Road MOLA GT-R 柳田真孝/R.クインタレッリ 1'54.662  0
2 39 DENSO SARD SC430 石浦宏明/井口卓人 1'55.455  0
3 12 カルソニックIMPUL GT-R 松田次生/J.Pデ・オリベイラ 1'56.308  0
※タイムはQ3ベスト
天候:雨、コース:ウェット

Pos. No. Car Driver Time/Diff Laps
1 23 MOTUL AUTECH GT-R 本山哲/B.トレルイエ 1:37'39.246  53
2 46 S Road MOLA GT-R 柳田真孝/R.クインタレッリ +1.803  53
3 39 DENSO SARD SC430 石浦宏明/井口卓人 +2.452  53
天候:晴れ、コース:ドライ、4.801km×53Laps

Drives
Pos. No. Driver Total
1 46 柳田/クインタレッリ 90
2 23 本山/トレルイエ 79
3 1 小暮/デュバル 57
7 39 石浦/井口 40

Team
Pos. No. Driver Total
1 46 MOLA 113
2 23 NISMO 102
3 1 ホンダレーシング 75
7 39 LEXUS TEAM SARD 61
Point standings after Rd.8 MOTEGI
Photo Gallery
TOYOTA MOTORSPORTS Channel - SUPER GT TOYOTA GAZOO RACING FESTIVAL SARDガレージセール2011
SUPER GT OFFICIAL WEBSITE >>
TV東京「GT +」 >>
J SPORTS >>



50 Kamisotone Wakabayashi-Higashimachi Toyota-shi, Aichi-ken JAPAN 473-0914
TEL 0565-53-1166 FAX 0565-52-5482